ワッホーインタビュー
2010年10月15-17日「第32回 アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」(神奈川県)義肢神奈川県代表・金子有希夫選手インタビュー
義肢、金子有希夫選手、登場!
使う人に合った世界で1つの義肢を作り上げる義肢装具士として、地元神奈川のアビリンピックに初出場を果たす金子さん。技能、経験は業界トップクラスながら、緊張しやすく人前が苦手というシャイな達人(でも、とても気さく)の大会に向けた目標は? 見どころは? 日々、金子さんが義肢づくりを行っている職場をのぞかせていただきました。
金子有希夫(かねこゆきお)選手●自らの義足を作りに訪れた際、社長に声をかけられ株式会社木村義肢工作研究所に入社。以来、車いす、義肢などの製作を手がけ、同社の工場長なども務める。2009年、アビリンピック茨城大会神奈川県代表の推薦を受けたが、地元開催の2010年大会への出場を希望し辞退。今年、念願のアビリンピック初出場を果たす。義肢装具士(国家資格)。神奈川県在住。
2010年10月15-17日「第32回 アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」(神奈川県)義肢神奈川県代表・金子有希夫選手インタビュー

普通にやれれば「金賞」も。でも、人前が苦手で(笑)。

ワッホー 金子さんがアビリンピックの義肢競技に出場することになったキッカケを教えていただけますか?

金子選手 神奈川県の推薦です。実は、昨年、声をかけていただいたのですが、できれば地元神奈川で開催される今年の大会に出たかったので、昨年は当社の別の社員に変わってもらって、今年の出場にしていただきました。

ワッホー 昨年出場された同僚の方は、見事「銀賞」を受賞されました。それを受けての出場ですので、金子さんの目標は1つしかないと思いますが(笑)・・・ズバリ、目標は?

金子選手 「金賞」・・・と言わなきゃダメですね(笑)。会社の上司からも「普通にやれば取れるだろ」と言われています(笑)。

ワッホー プレッシャーかけられていますね(笑)。金子さんご本人として、手応えはいかがですか?

金子選手 普通にやれれば「金賞」を取れる可能性もあると思うのですが・・・実は、人前が苦手で(笑)。

ワッホー 当日は観戦される方がたくさんいらっしゃると思いますが・・・(笑)。

金子選手 困りましたねえ(笑)。

ワッホー 皆さん、日頃あまり観る機会のない競技を、楽しみに観にいらっしゃると思います。
2010年10月15-17日「第32回 アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」(神奈川県)義肢神奈川県代表・金子有希夫選手インタビュー
金子選手 そうですよねえ。・・・何かパフォーマンスしなきゃダメですかね?(笑)。型を取り付けるとき、ジャグリングみたいにクルクルまわしてから付けるとか(笑)。

ワッホー (笑)。パフォーマンス点が評価にないのが残念です(笑)。競技中は難しいと思いますが、せっかくなので、ぜひ表彰式でパフォーマンスを。
金子選手 ええっ!? 入賞しても表彰式は欠席しようと思っていたのに(笑)。

型から外して中をのぞき込んだときの表情を見てください(笑)。

ワッホー 一番ドキドキするのは、どの瞬間だと思いますか?

金子選手 最初の工程は下を向いてやる細かい作業なので、お客さんを気にしないでやれそうなのですが(笑)、その後・・・樹脂を流し込む工程はドキドキしますね(笑)。

ワッホー どうしても周囲が目に入りますからね。

金子選手 流し込む際に樹脂がこぼれないように流し込み口を吊っているものなど、いつも社内で使っている設備や道具なども使えないですし、使う分の量しか樹脂の支給もされませんので、緊張で手が震えて(笑)こぼしてしまったらアウトです。

ワッホー 緊張するでしょうねえ(笑)。

金子選手 いつも使っているものと樹脂自体も違いますし、硬化剤の量が合っていないと固まらないこともある。固まらないと、そこで終わりになってしまうので、樹脂の工程は、石膏の型から外すときまでドキドキですね。

ワッホー 型から外して中をのぞきこんだときの金子さんの表情にも注目ですね?(笑)
2010年10月15-17日「第32回 アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」(神奈川県)義肢神奈川県代表・金子有希夫選手インタビュー
金子選手 はい(笑)。ある意味、そこが一番の見どころかもしれません(笑)。型から外して明るい顔をしていたら大丈夫。「あ・・・」って顔をしていたら・・・(笑)。

ワッホー 観ている方もドキドキしそうです(笑)。
金子選手 ドキドキしますね(笑)。

「義肢ってこうやって作られているのか」を観ていただけると思います。

2010年10月15-17日「第32回 アビリンピック(全国障害者技能競技大会)」(神奈川県)義肢神奈川県代表・金子有希夫選手インタビュー
ワッホー 義肢競技そのものの見どころを挙げていただけますか?

金子選手 樹脂を流し込んで固めた後の工程でしょうか。基本となるソケットが形になって、そこに金具やクッションなどが取り付けられて、段々と皆さんがご存知の義肢になってくる。「義肢ってこうやって作られているのか」というのを観ていただけると思います。

ワッホー 石膏の型の状態から、樹脂を固めて、金具などが取り付けられて・・・義肢ができてくる。日常的に観る機会はないと思いますし、義肢を使われている方だけでなく、そうでない方にもぜひ観てほしいですね。
金子選手 評価される審査員の方がどんな点を見られるかはわかりませんが、アビリンピックに出場している選手が作ったものなので、見た目にも素晴らしいものができると思います。ぜひ、たくさんの方々に観ていただきたいですね。

ワッホー たくさんの方々が観にいらしていいんですか?(笑)

金子選手 いや・・・自分のところではなく、他の選手のところを・・・(笑)。
 
ページTOPへ