[ワッホー]ホーム >> スポーツ情報 >> パラリンピアン初瀬勇輔選手:インタビュー
ワッホーインタビュー

北京パラリンピック柔道90kg級代表、初瀬勇輔選手、登場!

パラリンピアン初瀬勇輔選手
北京パラリンピック日本代表選手登場! その第2弾は、日本のお家芸「柔道」で金メダル獲得が期待されている初瀬勇輔選手。試合のときのコワモテからは想像しにくい、ソフトで、気さくなキャラクターは好感度抜群。北京パラリンピックのこと、試合にのぞむ姿勢、代表への思いなどを丁寧に話してくださいました。取材に応じてくださった初瀬選手、テンプスタッフグループの皆さん、ありがとうございました。
●初瀬勇輔選手プロフィール
1981年生まれ。テンプスタッフグループの特例子会社、身体障害者雇用促進研究所株式会社(通称:サンクステンプ)所属。第20回、第21回、第22回全日本視覚障害者柔道大会優勝(3連覇)。第9回フェスピック・クアラルンプール大会優勝。2008年北京パラリンピック柔道90kg級日本代表として、金メダルも期待されています。
パラリンピアン初瀬勇輔選手

相手の懐に入り込んで、背負えれば・・・勝つ自信はあります!

ワッホー 初瀬選手、よろしくお願いします。
パラリンピックまで2ヶ月を切りましたが、調子はいかがですか?

初瀬選手 仕上がりは順調です。会社からの就業面、費用面での支援があるので、練習時間も十分に取れ、今までで一番いい仕上がりを迎えられています。
※初瀬選手は、テンプスタッフグループの所属です。

ワッホー 本番は9月9日ですね。そこへ向けて、現在の仕上がりは何%くらいですか?

初瀬選手 7割くらいです。8月末まで追い込みの練習を行い、その後少しカラダを休めて、本番にのぞみたいと思っています。

ワッホー 初瀬選手は国内(90kg級)では無敵!とワッホーは思っているのですが。

初瀬選手 ありがとうございます。国内では個人戦、団体戦含めて、まだ負けたことはないです。

ワッホー 今度は(北京パラリンピックでは)、世界が相手となりますが、ズバリ目標は?

初瀬選手 金メダルです。

ワッホー 手応えはいかがですか?

初瀬選手 これから、どれだけ自分の調子を上げていけるか、によると思います。

ワッホー とくにマークしている国はありますか?

初瀬選手 ロシア、アルジェリア、アゼルバイジャン、ウクライナの選手は強いと感じています。ロシアの選手以外は、試合をしたこともあります。

ワッホー 皆さんカラダも大きそうですし、技や試合のスタイルなども違いますよね?

初瀬選手 違います。ヨーロピアンスタイルは、レスリングのようにポイントの取り合いみたいな柔道です。タックルや寝技など、日本のような投げ技の柔道ではないので、組んでから試合をはじめる視覚障がい者柔道においてはとても有効なスタイルです。

ワッホー カラダの大きな選手というのは、初瀬選手のようなタイプとはやりにくいのでは?

初瀬選手 そうですね。僕は身長が高くないので、練習も自分より大きな選手とやることが多いですが、海外の選手は僕みたいな小柄な選手と練習する機会はほとんどないかと思います。軽量級の選手で僕くらいの身長の選手はいると思いますが、体重やパワーなどがまったく違うので、練習は難しいと思います。試合展開をうまく運べれば、とても有利な戦いができるのではないかと思っています。

ワッホー 得意の“背負い投げ”も有効そうですね?
※初瀬選手の得意技は“背負い投げ”です!

初瀬選手 そうですね。自分の体型も武器にしながら・・・

ワッホー 相手の懐に入り込んで、背負えれば・・・

初瀬選手 勝つ自信はあります!
 
 
 
 
ページTOPへ