[ワッホー]ホーム >> スポーツ情報 >> 陸上 >> 優勝!花岡伸和選手インタビュー
ワッホーインタビュー
陸上・花岡伸和選手
日産カップ優勝! 花岡伸和選手、登場!
2008年12月7日(日)に開催された「第9回 全国車椅子マラソン in 横須賀 日産カップ 追浜チャンピオンシップ」ロードレース(ハーフマラソンの部男子)にて見事優勝を飾られた花岡伸和選手にコメントをいただきました。
 
ワッホー 花岡選手、優勝おめでとうございます!

花岡選手 ありがとうございます。2008年を締めくくる大会で優勝でき、とても嬉しいです。 2009年に向けて、よい弾みがつきました。

ワッホー スタートからゴールまで作戦通りだったように見えたのですが、レース運びなどいかがでしたか?

花岡選手 前日の10キロレースでは樋口選手(ハーフマラソン2位)に負けていたので、ハーフマラソンではテクニックで何とかしようと考えていました。 レースの前半は先頭も走りましたが、後半は樋口選手を風除けに使わせてもらい体力を温存、ゴールまで2キロを過ぎたカーブの手前でスパートし、コーナーリングで差をつけてそのまま逃げ切りました。 本当は先頭を走ってそのままブッチギリが理想なんですけどね、ちょっとだけズルい手を使いました(笑) 。

ワッホー 大会全般の印象はいかがでしたか?

花岡選手 日産カップは数ある大会の中でも、とても雰囲気のよい大会だと思います。 運営がしっかりしているのに堅苦しくなく、とても温かい。 選手としてはとても居心地のよい大会ですね。沿道の応援も、地域の方々がスゴク盛り上げてくださるので力になります。 ジュニアや初心者、家族も一緒に参加できることも魅力ですね。

ワッホー 北京パラリンピックが終わり、視線はロンドンへ向いていると思いますが、今後の予定や目標を聞かせてください。

花岡選手 しばらく大きな大会がないので、2009年は秋のシーズンに向けて着々と積み上げていきたいです。 長期的な目標としては、やはり2012年のロンドンパラリンピックに出場することと、出場するだけでなく、そこでアテネパラリンピック以上の結果を残すことですね。

ワッホー 期待しています! 最後に、花岡選手の未来のライバルになるかもしれない後輩たちや、無限の可能性をもっている子供たちへメッセージをいただけますか?

花岡選手 勝つことも、記録を残すことも大切ですが、それ以上に、スポーツを通して自分の心身を鍛えてほしいと思います。いや、スポーツに限らなくてもいいですね、何かに挑戦して、自分の好きなこと、自分の得意なことを発見していくのは大切なことです。 「なんでもやってみよう!」という気持ちを持って、いろんなことにチャレンジしてほしいと思います。

ワッホー とにかくやってみないと、体験してみないと、自分自身の可能性もわからないですものね。彼、彼女たちの中から花岡選手のライバルになるような選手が登場してくれると、陸上界ももっと盛り上がりますし、とても嬉しいことですね。

花岡選手 そうですね。追い抜かれないように(笑)、僕も頑張ります。

ワッホー ありがとうございました!

(取材:2008年12月18日(木))
 
 
ページTOPへ