[ワッホー]ホーム >> スポーツ情報 >> 2010パラリンピック >> 75歳、比田井隆選手インタビュー
ワッホーインタビュー
車いすカーリング・比田井隆選手
車いすカーリング・比田井隆選手、登場!
バンクーバー2010に悲願のパラリンピック初出場となる車いすカーリング日本代表の比田井(ひだい)隆選手、登場! 日本のパラ史上最年長の75歳で、セカンド(第2投者)という重要な役割を担うワッホー注目のアスリートに、バンクーバーパラリンピックや車いすカーリングのことを楽しく教えていただきました。
※取材・撮影にご協力いただいた比田井選手、信州チェアカーリングクラブの皆さん、カーリングホールみよたの皆さん、ありがとうございました!
>> 比田井選手プロフィールはこちら
>> 写真レポートはこちら
>> 比田井隆選手インタビューINDEXはこちら
比田井(ひだい)隆選手●バンクーバーパラリンピック車いすカーリング日本代表。日本パラ史上最年長となる75歳(バンクーバーパラリンピック開催時)。31歳のとき横転したクレーンの下敷きとなり腰を骨折。以降、車いす利用。冬季は車いすカーリング、オフシーズンはアーチェリーに打ち込むスポーツマン。
車いすカーリング・比田井隆選手 車いすカーリング・比田井隆選手 車いすカーリング・比田井隆選手 車いすカーリング・比田井隆選手
ページTOPへ

監督から「おまえにかかっている」と。

ワッホー パラリンピック出場、おめでとうございます。

比田井選手 ありがとうございます。

ワッホー バンクーバーパラリンピックに望む日本チームの見どころを教えていただけますか?

比田井選手 技術ですね。テイク(相手の石を弾いて出す作戦)ではパワーのある欧米の選手にはかなわないので、いかによいポジションに石を置くか、寄せていくか、コントロールや戦略を見てほしいです。

ワッホー コントロールや戦略というと、比田井さんの務められるセカンド(第2投者)はとても重要かと思いますが?

比田井選手 監督からは「おまえにかかっている」とプレッシャーをかけられています(笑)。

ワッホー 得意技などありますか?

比田井選手 ヒットロールですかね。

ワッホー ヒットロール?

比田井選手 相手の石を弾いてよけつつ、自分の石をハウスの真ん中へ寄せる技です。

ワッホー 相手をよけつつ、自分の石を真ん中に寄せる・・・まさに一石二鳥の技ですね(笑)。

比田井選手 これをパラリンピックまでに武器にしたいと思っています。

ワッホー 決まる確率が高まるとスゴイ武器になりそうですが、成功率はいかがですか?

比田井選手 まだそんなに高くありません(笑)。

ワッホー パラリンピックまでに成功率をアップできそうですか?

比田井選手 やります!・・・いや、これは失言だな(笑)。1発でも多く決められるように練習します!

ワッホー パラリンピックの舞台で、比田井選手のヒットロールが決まるのを楽しみにしています。
 
ページTOPへ

目標は少し控えめに「入賞」としておきましょうか(笑)。

ワッホー 世界的に見た際、日本チームの位置はどのあたりでしょう?

比田井選手 ノルウェー、韓国、アメリカ、カナダら強豪国に続くあたりでしょうか。

ワッホー 2006年に開催された2007年世界大会の予選大会では2位にもなっていますし、それらの強豪国に勝てば、パラリンピックでも上位入賞できる可能性があるということですね?

比田井選手 ノルウェーは強くて、まだ勝ったことがないのですが、韓国、アメリカ、カナダには勝ったこともあります。氷のコンディションにしっかり合わせられたら、上に行ける可能性もあると思います。

ワッホー いろんな取材で聞かれていると思うので、ご本人としてはもううんざりされているかもしれませんが(笑)、パラリンピックのときは75歳ですね?
※比田井選手は20歳のお孫さんのおじいちゃんです。

比田井選手 自分としては気にしていないんですがね(笑)。

ワッホー 若い選手と比べて、ここが勝っているという点はありますか?

比田井選手 「若さ」ではなく「バカさ」(笑)。それは勝っていると思います(笑)。

ワッホー スゴイ武器ですね(笑)。

比田井選手 技術があれば体力や年齢に関係なくプレーできるのがカーリング。若くても、歳とっていても技術があれば強いし、なければ弱い。技術があれば、体力の差も年齢も怖くはないですね。

ワッホー スバリ、バンクーバーでの目標は?

比田井選手 目標ですか・・・出るからにはもちろん上位を目指します。でも目標は少し控えめに「入賞」としておきましょうか(笑)。世界の強豪国は強いですし、まだまだ日本は成長期ですからね。トップ5入り目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!

ワッホー 期待しています! 本日はありがとうございました。
 
(取材:2009年11月10日(火))
 
ページTOPへ
 
 
 
 
ページTOPへ